2014年12月17日水曜日

ルーブル安の拡がり

おはようございます。
風が強く、冷たい寒気に覆われています。

今朝の日経記事にTOCOM会員の外資大手が国内商品部門の業務縮小が取り上げられていました。海外からの注文を主に扱っており、市場の高い占有率を持つ会社ですが、業界にとっては残念なニュースです。

米株式は高値から8本目。原油下落からロシア通貨ルーブル安を招き、世界的なリスクオフのムードが漂っています。今晩の米FOMCならびにイエレンFRB議長の会見内容が注目されますが、果たして今のこの冷え込んだ流れを払拭できるかどうか・・・。

ドル円は上下2円を超える動きの乱高下。昨日、117円台の先月安値を下回ると115円台まで一気に下落。その後、また2円近くの反発と米FOMC前にして方向感がつかめない展開です。

ロシアやその他資源国の通貨不安が広がっています。これを本格的に回復させるには当然需要の回復が必要となります。小手先の金融政策で簡単に回復できるものとは思えません。

【NY金 日足】
 今のところ、1190ドル近辺が下値サポート。しかしながら上値が切り下がってきている流れからするとこのラインを維持できなければ深い下げも十分考えられます。上昇するには、時間経過よりも前回のような長大陽線がないと厳しいか・・・。ロシア関連の材料は強弱どちらにも取れますので、値動きの流れについていくことが懸命です。

【東京金 日足】
 昨日の下げで方向感が出ていると考えます。下向き「売り」方針です。しかし、前回反発の起点となった基準線のラインは4487円となり、前回のパターンが頭を過ぎります。強気の方はここを押し目と見る方もいると思います。ただ、個人的には今のムードから強気にはなれません。今週中に反発がないと、週足続伸の流れが6本で終わり陰線が入るかたちになります。

【東京白金 日足】
上げの約半値押しとなりました。リスクオフの流れは避けられず下値サポートを順繰り割り込んできました。基本「買い」方針で考えていますが、今週中4600円を回復できなければ、下値を探る展開になるかもしれません。

【東京原油 日足】
下げが加速してきています。目標値43940円をあっさり、下回っています。次の目標値は41530円あたりとなります。下げは止まりません。これも割ると40000円割れまで見なければいけなくなりそうです。

【東京とうもろこし 日足】

現在「売り」のポジションで見ています。しかし、本音は買いたい・・・。26000円割れが欲しいですが、この円高でもなかなか下げてきてくれません。あと5、600円下げて欲しいと見ています。


2014年12月16日火曜日

FOMC前の調整

おはようございます。
急激に冷え込む毎日。相場は熱い動きとなってきました。

【今週の予定】
12月15日(月) <国内>
12月調査日銀短観(8:50)
11月首都圏マンション販売(13:00)
<海外>
米12月NY連銀製造業景気指数(22:30)
米11月鉱工業生産(23:15)
米12月NAHB住宅市場指数(16日 0:00)
12月16日(火) <国内>
5年国債入札
<海外>
中国12月HSBC製造業PMI【速報値】(10:45)
独12月製造業・サービス業PMI【速報値】(17:30)
ユーロ圏12月製造業・サービス業PMI【速報値】(18:00)
独12月ZEW景況感指数(19:00)
米11月住宅着工件数・建設許可件数(22:30)
米FOMC(~17日)
12月17日(水) <国内>
11月貿易統計(8:50)
11月訪日外客数
11月日本製半導体製造装置 BBレシオ
リニア中央新幹線の建設工事の起工式
<海外>
米11月消費者物価【CPI】(22:30)
米7-9月期経常収支(22:30)
FOMC声明発表(18日 4:00)
イエレンFRB議長記者会見
ギリシャ議会で大統領選出(1回目投票)
12月18日(木) <国内>
日銀金融政策決定会合(~19日)
20年国債入札
<海外>
独12月Ifo景況感指数(18:00)
米新規失業保険申請件数(22:30)
米12月フィラデルフィア連銀製造業景気指数(19日0:00)
11月北米半導体製造装置BBレシオ(19日 8:00)
米5年インフレ連動国債入札
EU首脳会議(ブリュッセル~19日)
12月19日(金) <国内>
10月全産業活動指数(13:30)
日銀金融政策決定会合結果発表
黒田日銀総裁会見(15:30)





CFTC建玉明細 2014/12/09現在】

ロング
ショート
ネット
総取組高
CMEドル円
38,067
142,203
-104,136
279,859
NY
186,861
71,999
114,862
375,323
NY
52,129
23,670
28,459
148,195
NY白金
42,898
15,495
27,403
65,138
NYパラジウム
24,459
3,744
20,715
31,820
NY原油
413,755
151,979
261,776
1,445,093
シカゴコーン
437,486
171,874
265,612
1,209,237
シカゴ大豆
181,818
159,316
22,502
693,400


前週からの推移を比較すると、買い越し増加は「金」「銀」「コーン」「大豆」。また、全体的に総取組高が増加していました。「ドル円」は買い越しは減少していましたが、総取組高はまだ増加したまま。121円台に到達したのが12/5となりますので、そこまで買い越し増加、総取組増加となりその後調整入りしていると考えられます。「ドル円」や株式が主導的に全体を引張り、米FOMC前に調整の動きとなっているようです。もちろん「原油」の下落がそのきっかけになっているかも知れませんが・・・。


2014年12月11日木曜日

株価も調整入り

おはようございます。
全国的に冷たい雨。冷えます。

米株式は大幅に下げて-268.05ドルの17533.15ドル。1ヵ月以上コツコツ上げてきた幅をたったの3日で飲み込んでしまいました。きっかけは中国市場の株安でしたが、相場として調整が必要なタイミングだったのかもしれません。米雇用統計を消化してからの調整入りはドル円に共通しています。チャートは基準線も下回り悪化しています。安値から37本目で高値を出していますので、価格的にも日柄的にも調整が長引くかもしれません。

ドル円は前日の下ヒゲ線を取りに来て117円台に下落。こちらはまだ上向きの基準線117.46円付近まで下げてきました。来週米FOMCが控えているため、目先の調整は今週いっぱいと考えています。

【NY金 日足】
 日足で雲の上に浮かび上がって来ました。ドル安による上昇となっていますが、今回の株安を受けてリスク回避の動きから逃避先になっています。しかし、まだ今のところは1238~1240ドルのラインは大きく上抜けられないと考えています。

【東京金 日足】
やはり、続伸する勢いはまだ出てこないようです。こうした押しが入ったときに高値覚えから売り方から買いの手口が出だしてきます。この動きが繰り返されることにより高値玉がダンゴになってくると急落するというのが売り方の望む展開。ただ今週の動きはドル円主導の動きのため、乱高下の繰り返し。

【東京白金 日足】
4700円前半に入ってきました。押し目「買い」方針。今日の下げは買いをお奨めしています。

【東京原油 日足】
国内か更に安値更新。ただ本日の下げは為替の影響が大きいです。斥候売りに乗せは考えません。日柄から今日明日までと判断し、残り売玉は利食いで考えていきます。
 
【東京とうもろこし 日足】
 ほぼ為替による動きになっています。米USDAでは期末在庫の上方修正予想が覆され下方修正となりました。しかし、シカゴは小動き。
ドル安円高による下げをもう少し待ち、26000~25500のレンジで買いのポジションをとっていきたいと考えています。

 12月米需給報告USDA
              12月発表      予想平均       11月発表
コーン  期末在庫  19億9800万bus   20億1800万bus   20億800万bus



2014年12月10日水曜日

ドル円 乱高下

おはようございます。
朝は布団からなかなか出られなくなる寒さとなってきました。

中国が高リスク債を担保として利用できなくなるとのことから、昨日は中国市場が失速。中国の景気減速懸念が強まり世界的に株価失速。

ドル円もリスク回避の動きから一時117円台までドル安円高が進み、上下2円以上の乱高下となっています。先日から指摘しているとおり、投機筋のドル買い円売りのポジションがかなり 膨らんでいることからポジション調整の動きも入り混じり思惑が右往左往しているようです。

本日、中国からの経済指標の発表がありますが、最近の景気減速傾向から金融緩和を望む声もあり、中国の金融政策の動向には一層注意が必要となります。

【NY金 日足】
ドル安の動きから上昇し、高値1239ドルまで伸びています。中国経済の不安から金融緩和の期待が高まってきています。日足では雲を抜けかけてきているため、目先は強いチャートになっています。調整入りしたドル円相場の動きからするとまだ今週いっぱいは上向きか。週足での抵抗は1238ドルにあります。

【東京金 日足】
持ち合いからまた一段上昇。しばらく低迷していた出来高も本日は増えそうです。本日は朝から売り建ちの方針で考えています。4600円を越えてからの持ち合いの日数からすると上昇の力はまだ限定的と考えています。

【東京白金 日足】
 押しを待ちながら「買い維持」。4700円前半を狙うか、高値更新に追随していくかで、今のところは推移を見守っています。

【東京原油 日足】
あくまで弱い相場ですが、売り込み過ぎるとしっぺ返しを食らうかも知れません。戻りの日数は浅く目先の突っ込みは追いかけるのではなく逆張りのほうが、効果ありと考えていますが・・・。仮に中国が景気減速に対する対策を実施してくるとリスクは高いと思われます。

【東京とうもろこし 日足】
 為替に振り回されているようなここ数日ですが、昨晩26000円を割れるもすぐに切り返しています。シカゴはまだ高値を取っておらず大きな上伸ではありませんが、下値を切り上げてきておりベクトルは横ばいから上を向きだしてきていると判断しています。

今晩には米USDA需給報告の発表があります、事前予想は下記のとおり。

                予想平均              予想レンジ              11月発表
コーン   期末在庫  20億1800万bus  19億3800万~20億8100万bus  20億800万bus



2014年12月9日火曜日

ドル調整入りとなるか・・・

こんばんは。
全国各地では積雪で孤立してしまっている地域もあるようです。東京都心でも寒気に見舞われ、日中も冷たい風が舞っています。

【今週の予定】
12月8日(月) <国内>
7-9月期GDP改定値(8:50)
10月国際収支(8:50)
11月景気ウォッチャー調査
<海外>
中国11月貿易収支
独10月鉱工業生産
ユーロ圏財務相会合
12月9日(火) <国内>
11月マネーストック(8:50)
30年国債入札
<海外>
米3年国債入札
12月10日(水) <国内>
11月国内企業物価指数(8:50)
10-12月期法人企業景気予測調査(8:50)
11月消費動向調査(14:00)
特定秘密保護法施行
<海外>
中国11月消費者物価【CPI】(10:30)
中国11月生産者物価(10:30)
米11月財政収支(11日 4:00)
米10年国債入札
ノーベル賞授賞式
12月11日(木) <国内>
10月機械受注(8:50)
10月第三次産業活動指数(8:50)
11月都心オフィス空室率(11:00)
<海外>
韓国中銀政策金利発表
米新規失業保険申請件数(22:30)
米11月小売売上高(22:30)
米11月輸入物価(22:30)
米30年国債入札
米連邦予算の継続決議案の期限
12月12日(金) <国内>
先物・オプションSQ算出日【メジャーSQ】
会社四季報【新春号】発売日
<海外>
中国11月鉱工業生産(14:30)
中国11月小売売上高(14:30)
中国11月都市部固定資産投資(14:30)
米11月生産者物価(22:30)
米12月ミシガン大学消費者信頼感指数【速報値】(23:55)

今週は先週に大きなイベントをこなし、月例の経済指標のみ。ただ、中国の経済指標の発表もあり、先般金融緩和を突然実施してきた中国の動向には注意が必要かもしれません。



CFTC建玉明細 2014/12/02現在】

ロング
ショート
ネット
総取組高
CMEドル円
41,530
152,690
-111,160
257,828
NY
170,635
81,305
89,330
368,121
NY
50,686
29,095
21,591
148,422
NY白金
42,586
16,760
25,826
63,522
NYパラジウム
24,102
3,337
20,765
31,534
NY原油
408,718
143,722
264,996
1,439,654
シカゴコーン
424,826
184,687
240,139
1,192,166
シカゴ大豆
173,783
172,353
1,430
675,751


先週も指摘しましたが、今週は為替動向に左右される1週間になりそうです。「ドル円」のポジションはやはりドル買い円売りのポジションが増加していました。米雇用統計を機に調整の可能性もあるのではと考えていましたが、さすがに予想を大幅に上回る雇用者数の増加で週末はドル高円売りが進みました。しかし、昨晩の週明けNY市場では一転ドル安円高、株安となりポジション調整の感が否めません。来週16-17日の米FOMCまで一度調整が必要であるならば、今週1週間は来週に向けてのポジション調整(利益確保優先)の動きになるというのは至極当然の動きと言えるかもしれません。今年一番の総取組高でドル買い円売りポジションの膨らみには注意を払う必要があります。
「金」は買い越し増加。ショートポジションの縮小とロングポジションの増加でバランス良く買い越しを増やしていますが、まだ総取組高が増えてきていません。「原油」は買い越し微増、「コーン」は買い越し微減となっています。

【NY金 日足】
下げませんが、なかなか上も突き抜けられずにいます。下値は1180ドル近辺で支えられても、8月以降の上値抵抗のラインで頭を抑えられています。現在1220ドル近辺が上値抵抗と考えられますが、このまま横ばいでいくと少しずつ抵抗を切り崩していくことになりますが、抵抗が余程強いようなら、先日のような急落も想定しています。

【東京金 日足】
 先月の棒上げからの展開と今月初めの棒上げからの展開、足取りが非常に良く似ています。下値抵抗からの反発から6日目で高値を取り、5日間調整安。またそこで下値抵抗でバウンドして急騰6日目で現在の目先高値を取っています。取組高から見ると高値買いつき型にはなっていないため前回のような反動安はまだ考えにくいですが、下値抵抗からの乖離もあり調整入りすると4500円を割れまでの下げも否定できません。買う場合は深い突っ込みを見てからと考えています。

【東京白金 日足】
先週、本命銘柄として挙げています。年明けに向けて仕込んでおきたいところと考えています。下値抵抗からやや乖離しているため、調整があるとすればドル高円安に振れやすい今週かもしれません。買い方針を維持しながら、押す場面で買い増ししていきたいです。4700円前半がほしいところ。

【東京原油 日足】
本日は海外安と円高で日中崩れています。現在うまく立ち回っているのはこの「原油」と「白金」。この夜間立会いで売玉を手仕舞い。海外、ドル円の動向からするともう少し下げる可能性もありますが、戻っていた日数も少なかったため、早めに利食い先行と考えました。

【東京とうもろこし 日足】
 目先の上値抵抗を越え、11/14高値26550円を抜けたことから、目先の売り方針を見直しさせていただいています。昨日の上げで一部買いを入れ、後手に回ってしまい結果、為替に振り回されてしまいましたが、一旦高値を取っていることから売り方針は見直しです。今週のドル安円高次第では下値探りとなる可能性もありますが、大勢上昇相場のなかと考えますので下値抵抗の推移から今後の展開を考えていくつもりです。下値抵抗となる基準線は上向きながら現在25900円にあります。





2014年12月5日金曜日

11月米雇用統計

非農業部門雇用者数 32万1000人増 (事前予想 23万人増)
前回 21万4000人 (上方修正 24万3000人)
失業率 5.8% (事前予想 5.8%)

本命は『白金』

おはようございます。
冷え込みの厳しい夜の街はもう忘年会の人たちで賑わってきました。

ECB理事会は追加緩和見送り。ドル円は一時120円を達成しましたが、その後反落。ドル円、ユーロドル、米株式は巻き戻しの動きでした。年末で利益確定優先の動きでしょうか。

本日は米雇用統計の発表となります。事前予想は失業率5.8%、非農業部門雇用者数は23万人の増加が見込まれています。先月は日銀の追加緩和の後、ドル円上昇の起点となりましたが、今月はどのような反応を示すでしょうか?昨日のECB理事会を受けてのドル円の動きを見ると、利益確定の動きが優先されるような展開かもしれません。理由として、11/25ドル円117.90円の時点でCME円先物のドル円ポジションはドル買い円売りがネットロングで10万枚を超えており、総取組高も今年一番の総取組増になっています。昨日ドル円120円を達成していることからネットロングは更に増加していると思われますが、ECB理事会そしてこの米雇用統計を終えることで大きなイベントが消化されることになり、ファンドの手仕舞いが出やすくなっているように思われるからです。
ただ、年末までは残り日数も少なくないため、短期調整してはまた仕掛けが繰り返される展開となるのではないでしょうか。

【NY金 日足】
 急激な上昇からは一服しています。先月、雇用統計の内容悪化から1130ドルから買われましたが、今回も雇用統計の内容で大きく動きそうな気もします。現在の方向性からするとまだ急落していくような展開は考えにくいですが、上昇した場合でも1225~1240ドルあたりまでの上昇にとどまると予想しています。

【東京金 日足】
 12/1基準線4376円から反発し、本日の足で5本目。今晩の雇用統計で上伸できなければ一度押してくる展開を予想しています。基準線からの乖離、押しからの反発した日数からすると今晩が一山目先の高値となる可能性もあると考えます。

【東京白金 日足】
 4800円を超え、高値更新中。日本の立会い時間は頭が重く感じます。フロアポジションの一般投資家買い越し残も日に日に減少してきています。因果玉を消化しながらの着実な上昇となっており、天井はまだまだ先と見ます。年明けにかけての本命銘柄として買い推奨です。

 【東京原油 日足】
急落後の自律反発中でしたが、サウジアラビアの輸出価格引き下げによりまた頭をもたげてきました。先日の急落でかなり売り込まれたことからまだ下げ足を加速させることはないようですが、いずれにしても重たい展開です。

【東京とうもろこし 日足】
持ち合いから頭を出してきました。国内は円安の恩恵もあり上向いてきていますが、まだ力不足のように考えています。シカゴの動きもまだ小動きなところから、為替に左右される展開と思われます。

2014年12月3日水曜日

仁義なき戦い

こんにちは。
今朝はきれいに雪化粧をした富士山が拝めました。

また昭和の大物スターが旅立たれました。菅原文太さんが高倉健さんを追うようにお亡くなりになってしまいました。代表作『仁義なき戦い』は大好きな映画のひとつでした。ご冥福をお祈り申し上げます。

米株式は最高値を更新し、NYダウは102.75ドル高の17879.55ドル。10月の安値から34本ほぼ上げっぱなしです。

ドル円は119円台のせ。明日のECB理事会、明後日の米雇用統計を控える中、金融政策の方向性の違いからドルが買われやすい環境になっているようです。

【NY金 日足】
週末からの動きに比べれば昨晩は小動きで1200ドル近辺での持ち合い。直近で言えば基準線を割り込んだところから一転大幅反発して買い方有利の状態。しかしまだ中長期の流れは突き抜けてはいません。この1200ドルからの動きが年末年始への動きの鍵になりそうです。

【東京金 日足】
 基準線で下値反発して今現在。転換線は4503円まで上昇してきており4500~4600でのレンジで持ち合いとなるか、また上値を取ってくるか、当面はまだ下げづらい地合いです。

【東京白金 日足】
上昇ペースを見てもきれいなチャートです。転換線4643円までが押し目範囲。

【東京原油 日足】
急落後の自律反発で上げましたが、イラクのクルド人自治区の輸出が認められることになり供給過剰懸念から上げも続かず。クルドは今後イスラム国がらみで地政学リスクのポイントになりそうです。日はまだ浅く、出戻りのなかでは。

 【東京とうもろこし 日足】
25500~26000の持ち合い。大豆が直近安値を下回ってきています。下げ待ちで見ています。


2014年12月2日火曜日

『倍返しだ~!』

こんにちは。
月初早々に高ボラの展開が続きます。

先週は感謝祭があったため、1営業日遅れの発表です。


CFTC建玉明細 2014/11/25現在】

ロング
ショート
ネット
総取組高
CMEドル円
46,304
150,684
-104,380
253,976
NY
167,394
91,187
76,207
388,145
NY
52,883
37,427
15,456
156,984
NY白金
42,587
20,265
22,322
64,042
NYパラジウム
24,438
3,206
21,232
32,990
NY原油
400,621
147,620
253,001
1,386,635
シカゴコーン
428,813
183,714
245,099
1,217,636
シカゴ大豆
186,132
166,890
19,242
672,574


 「金」は買い越しが減少でしたが、総取組高が7万枚以上減少しています。「コーン」「原油」も総取組高は減少しています。取組増加は「白金」「大豆」「ドル円」。

【NY金 日足】
一日の足で安値、高値が出現しています。下向きと判断していた見方は見直しをせざるを得ません。材料としては日本国債格下げ、原油反発など様々な要因が考えられますが、一番気になるのは総取組高の推移です。感謝祭前まで取組は減少しており、今回高値を再び更新するほどの強い動きを見せたということは、単に売玉のショートカバーだけでは説明できないように思います。感謝祭明け、月替わりといったところからも、新たに仕掛けてきた動きがあったのかも知れません。
このまま上向いていく相場になるのかどうかはしばらく一歩引いて見ます。

【東京金 日足】
昨日の下げにより日柄から、今週いっぱい下値探りの展開を予想していましたが、上値を取り直したことにより、こちらも見直しをしていきます。昨日大きく減った一般投資家の売り越し残は再び増加する傾向にあるようです。

【東京白金 日足】
 「金」と同じように、昨日押してから反転して直近高値を更新。見てもお分かりのように「金」とは異なり昨日の下げでは今までの上昇ペースは崩しておらずきれいな押し目を入れた様子。追随買いをしていく方針です。

【東京原油 日足】
 原油急反発。ファンダメンタルズ要因よりもテクニカル主導のような動きと見られます。昨日の利食い先行から少々買いでついて行きます。
 
【東京とうもろこし 日足】
 持ち合いの中にあります。動き待ち。











2014年12月1日月曜日

一般投資家の手口 耐え切った?

おはようございます。
新甫は雨のスタートです。米感謝祭も終わり、先月に続き高ボラの展開になりそうな月初です。

米国市場は短縮取引ながら、『ファンドの整理売り』を中心にして原油、貴金属が下落。今朝の時間外始まりでも更に下げ足が加速しています。

【今週の予定】
12月1日(月) <国内>
7-9月期法人企業統計(8:50)
11月新車販売台数(14:00)
<海外>
中国11月製造業PMI(10:00)
米11月ISM製造業景況指数(2日 0:00)
米サイバーマンデー
12月2日(火) <国内>
11月マネタリーベース(8:50)
10月毎月勤労統計調査(10:30)
10年国債入札
衆議院選挙公示
<海外>
豪州準備銀行理事会
インド準備銀行金融政策決定会合
米11月新車販売台数
米10月建設支出(3日 0:00)
12月3日(水) <海外>
豪7-9月期GDP(9:30)
ユーロ圏7-9月期GDP・改定値(19:00)
米11月ADP雇用統計(22:15)
米11月ISM非製造業景況指数(4日 0:00)
米地区連銀経済報告書【ベージュブック】(4日 4:00)
12月4日(木) <海外>
BOE金融政策委員会(21:00)
米新規失業保険申請件数(22:30)
ECB理事会
ドラギECB総裁会見
12月5日(金) <国内>
10月景気動向指数(14:00)
<海外>
米11月雇用統計(22:30)
米10月貿易収支(22:30)
米10月製造業受注(6日 0:00)
 今週はECB、米雇用統計とイベントの多い1週間になります。昨年も12月は上下に振幅があり、乱高下が予想される1ヵ月になりそうです。

【NY金 日足】
 週末には大きく下落。今朝もスイス国民投票の結果を受けて下げ足が加速。1150ドルを割り込む場面も出ており、これで戻り売りの動きがより強まったと考えています。白金、原油などと同じように先月の安値をうかがう展開になると予想します。来週いっぱいぐらいまでは反発は厳しいでしょうか。

【東京金 日足】
 今朝の安値はちょうど基準線の4376円。26日間の高値安値のちょうど平均になります。いわゆる買い方売り方の勢力均衡のラインです。一般投資家の手口は今朝、かなり買いが多く、先週までの売り越しポジションは急激に減少しています。日数的にも下げ始めて日柄は浅く、多少の戻りは入れながらも、今週いっぱいはまだ下値を探る展開と予想しています。

【東京白金 日足】
こちらも本日大きく下げていますが、転換線は上を向いています。問題はドル建てが10月に安値をつけてからほぼ横ばいということ。戻りの山も高くないため下に突っ込んでいくような動きにはなりづらいように判断しています。同じ白金族のパラジウムはまた上昇を始めており、「金」の連れ安は一時的なものと考えています。こちらは押し目を拾っていく方針。

【東京原油 日足】
底抜け底抜けの動きです。海外の足からすれば、買う根拠がないように思います。国内も週末で前回安値を割り込み新安値をつけ2日目ですが、10月安値から先月高値までが17日。その高値から本日まで14日。また11月の高値から戻り高値までが10日。一段安値から本日までも10日経過しています。欲張らずに利食い先行です。

【東京とうもろこし 日足】
こちらもこのダンゴから一度下抜けると考えています。転換線も下向きになり時間の問題か・・・。基準線は25345円にありこのあたりで抵抗が長引くと下値を出す可能性が低くなるかも知れません。